敗者復活戦という名のブログ

就職氷河期世代(ロスジェネ)・負け組に敗者復活戦(repechage)を。社会的弱者に充実したセーフティーネットを。

独自ドメインのはてなブログをhttps化した

f:id:repechage:20180613175636j:plain はてなブログが、独自ドメインでもhttps化したみたいですね。

「ちょうどよかったです。」(スパムDM風)

staff.hatenablog.com

はじめたばかりでよかった

はてなブログに移ってきたのが、8日だったので、投稿数も多くなく、確認作業もそんなに面倒ではありませんでした。

設定→詳細設定→HTTPS配信→HTTPS配信の状況を確認する

そこで有効のボタンを押せばすぐに変更されます。(元に戻すことはできません)

あとは、混在コンテンツ(Mixed Content)ですが、これも僕の場合は「SNSのシェアボタン」で、はてなブックマークのリンクが「http」になっていたので、それを変更しただけでした。

つまづくと思われるパターン

とりあえず、多くの人がつまづくのは、SNSシェアボタン画像かなと思います。 それ以外にも、いろいろありますけど、長くやっている人ほど様々なリンクで混在コンテンツ(Mix Content)になると思いますが、その辺は割愛。

SNSのシェアボタン

僕の場合、その原因を見つけるのが比較的楽だったのは、トップページでは混在コンテンツ(Mix Content)の警告(Google Chromeの場合、URLのボックスの右側に盾のアイコンに赤色の×が出る)は出ず、個別のページで出ていたので、原因は個別ページで表示されているものだなとすぐに判断できました。

Google Chromeの場合「F12」を押して、デベロッパーツールを表示させると、混在コンテンツ(Mix Content)の場合右上に赤色の「×」が表示されるので、どこが原因か特定できます。

前述したように、そこに表示されたURLに「hatena」という文字が入っていたので、特定が容易でした。

画像

今回は特に問題がありませんでしたが、以前Wordpressでhttps化したときに外部への画像リンク(はてなフォトライフは対応済み。エラーにはならない)が、原因であることがありました。

この場合、外部画像へのリンクを「https」に変えると解消されますが、まだ外部画像へのリンクが「https化していない」場合は、「http://」をhttp:を抜いて「//」に置き換えることで対処できます。

画像以外のリンクはあわてる必要はない

画像以外のリンクは、あわてて変える必要はないかなと思います。

まだ、https化されていないサイトで、httpsに変えてしまうと不都合が生じますし、画像以外のリンクであれば、現状では混在コンテンツ(Mix Content)の警告はでないはずです。(この辺は、推測ですので、個別の事象は各自で確認してください。)

逆に、そういったサイトのリンクをhttpsに誤って置き換えてしまうと、リンクが切れてリンクエラーになってしまうので、あわてて全部httpsでおきかえちゃえみたいなことはしないほうがいいです。(経験者)

長くはてなブログをやっている人ほど面倒な、このhttps化の作業。

いろいろな情報を確認した上で、安全に作業ができるように心がけてくださいね。